<< 新カリキュラムが始まります | main | お雛様アレンジを行いました。 >>

グループ”R”のメンバーでいまできることを・・

12月になり師走の慌ただしさと寒さが身に沁みる季節に

 

なりました。

 

私が住むテクノ仮設団地にはみんなが集える東屋や

 

大きなみんなの家が新しく出来てイベントなどもたくさん

 

開催されています。また、モデルハウスも出来て

 

毎日大勢のお客様がご来場されているようです。

 

一部では復興が進んでいる部分もありますが、被災者の中には

 

これからの生活への不安を抱えたり、周りの方との交流のない

 

引きこもり気味の方もいらっしゃるようです。

 

住宅や物資等の支援はほぼ行き渡りましたが、これからは住民の方が

 

前向きに生活できるように楽しい時間を作ったり住民の方の

 

コミュニティ作りが大切な時期だと思い私たちに何かできないかと

 

考え、グループ”R”のメンバーとお花でのボランティア活動を

 

行うことにしました。

 

今回はおしゃべりカフェを毎週開催されている

 

「ACTくまもと」様のイベントの一環として

 

クリスマスリース作りをテクノ仮設団地B集会所で

 

12月4日(日)に行いました。

 

当日は雨の降るあいにくの天気でしたが午前10組、午後10組の

 

予約はすべて埋まり大変うれしく思っております。

 

 

小学生の小さなお子様や男の子も楽しそうにリース作りに取り組まれ

 

ました。

 

 

皆さん大変手際よく、サンタクロースのピックやベル、いろいろなオーナメントなど

 

選べる材料の中から好きなものを真剣に選んで自分好みのオリジナル作品を作られ

 

ました。

 

朝からいらっしゃったお母さまは84歳で目も耳を体もでとてお元気で

 

病院も何年もかかったことがないと笑顔で話されていました。

 

午後の部に参加された女性は12月23日に家の引き渡しなので

 

新築の家に飾りますと嬉しそうに話されました。

 

小さなお子さま二人と一緒にご来場の方は今月20日が出産予定日と

 

お話されました。妊婦さんにとってこの地震はとても大変だったと

 

思いますが、元気な赤ちゃんを出産されますように祈ってます。

 

 

私自身テクノ仮設団地に住んでいますが、仕事で殆ど家にいることが

 

ないので近所の方との交流もあまりありません。今回の活動はいろいろな

 

方との交流が出来て大変楽しい時間になりました。

 

開催終了後にグループ”R”のメンバーと話合を行いましたが、今後も

 

出来る範囲でボランティア活動を続けていこうと思っています。

 

グループ”R”のメンバーも被災して自宅が全壊されみなし仮設で

 

生活されている方や遠く福岡から通ってくれる方など皆さん

 

それぞれ大変な中、協力して頂き感謝しています。

 

 

テクノ仮設団地では毎日たくさんのボランティアの方が活動されて

 

います。

 

自宅に帰ってみるとキリスト教会の方からクリスマスケーキが

 

届いていました。

 

ここ数年はクリスマスケーキを家族で楽しむことはなかったのですが、

 

大変美味しくいただきました。ありがとうございました。

 

 

4月の熊本地震以来いろいろなことを経験しましたが、

 

お互いが相手の気持ちに寄り添い出来ることを出来る範囲で

 

幸せのおすそ分けをすることが熊本地震からの復興に大切なことだと

 

思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

| ボランティア | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.f-fumika.com/trackback/118

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
楽天
yahoo
株式会社協和
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM