秋から冬へ

昨日は、久しぶりの生け花レッスンの日でした。

テーマは花器に合わせていける。



写真ではあまり見えませんが、赤いガラスの器を2つ使って

います。

花材はこうり柳、すかしユリ、スプレー菊、モンステラ。

こうり柳にカーブをつけて大きくいけてから、すかしユリ

を挿し、足元を菊とモンステラで固めました。

11月に入り気温も低くなってきたので、お花の持ちも

良くなり長い期間楽しめるようになりました。


毎日慌ただしく過ごしていると、時間が経つのが早くて

アッという間に秋も終わりましたね。7日は立冬でした。

作品展の準備も進み、今日で展示用のリース作りも終わり

ました。

教室の中はクリスマスリースがたくさん並んでいます。

明日からは、展示の準備を行う予定です。

まずは倉庫になっている隣の部屋を片付けてから、

教室に置いているものを入れる予定です。

年末の大掃除も兼ねて、すっきりしたいと思って

います。

明日からは気温が下がり、冬を感じる一日になりそう

です。

風邪も流行っているようです。皆様体調に気を付けて

お過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 
| 生け花 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

宝石よりも貴重なもの

先週末、生け花のレッスンに行ってきました。

最近は月1回ペースで通っていますが、OL時代からずっと同じ先生の下、楽しくレッスン

させてもらっています。

この季節、お花を活けても1週間も持たずに枯れることが多いのですが、活けた時の

生花のすがすがしさはとても気持ちがよくなります。

同じ花材を使っているのに活ける人や器で違ったデザインになるのは、とても面白い

ものがあります。

今回は、さんごみずき、すかしユリ、クルクマシャーロン、モンステラの

材料で活けました。



テーマは「器の形を考える」  三角形の器2つを使ってみました。


お花はきれいな時期が短いので、いつまでたっても変わらない宝石よりも貴重だと

以前、フラワーデザイン教室の先生がおっしゃっていました。時間が経つごとに花の状態も

変わってくるので、花の持つ生命力のようなものが活けるときや作品を見るときに

私に元気を与えてくれているのかなと思います。



| 生け花 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
楽天
yahoo
楽天
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM