笑顔いっぱいで終了しました

14日から開催していました震災復興支援のイベントですが

 

本日無事終了しました。

 

今回は復興支援として開催したために参加者は益城町の方が

 

多かったのですが、皆さん被害の大小はあれ地震の時は

 

 避難所で食事をもらうのに大変だったことや、自宅を修理をしたくても

 

業者さんが見積もりにも来てもらえてないと話をされていました。

 

実際私の家の近くでも数件の家が建設中ですが、北九州や佐賀など

 

県外の業者さんなのでなかなか工事が進まないようです。

 

いろいろな問題もありますが、確実に道路や河川工事などは

 

進んでいて少しずつではありますが安心して生活できる環境は

 

出来つつあります。

 

 

 

今回の震災復興イベントはすべてボランティアで行いました。

 

今まで仮設団地や小学校、児童センターなどで行ってきたことの

 

一区切りとして開催したのですが、生徒さんやメンバーの皆さんの

 

ご協力には感謝したいと思っています。

 

折角のお休みにお手伝いに来て頂いたり、お客様に提供する

 

お菓子を手作りしてくれたりと無償でいろいろと協力をして頂き

 

ありがとうございます。

 

おかげさまで、ご来場頂いたお客様からは大変喜んでいただき

 

ました。

 

 

 

 

地震から1年半になるので、皆さん以前の生活ではないかもしれませんが

 

一応日常の中で生活をされています。以前のように余震におびえることは

 

ないのですが、これからの自宅再建や生活に不安があったりと心の中には

 

いろいろな思いがあり以前のような気持ちではないと思います。

 

実際私もそうですが、地震前は友達と食事やドライブに行っていたのですが

 

今は仕事関係で食事に行くことはあっても友達とランチをするとか

 

阿蘇や天草にドライブに行くことはなくなりました。

 

道路の状況が悪いこともありますが、心の底から「遊びに行きたい〜」という

 

気持ちにならないのです。

 

やはり、周りの方達が仮設団地やみなし仮設で不便な生活をされているのを

 

見ると、遊ぶことよりも役に立つことを何かしたい・・

 

というような気持ちになります。

 

少しの時間でも楽しかったと思える時間を皆さんに提供出来ればとの思いで

 

開催しましたが、皆さん笑顔でお帰りになる姿を見ると開催出来て

 

良かったと思います。

 

 

開催前はボランティアも一区切りと思っていましたが、早速来月

 

仮設団地でのプリザーブドフラワーとロザフィ教室を開催することに

 

なりました。

 

来月のことはまた開催後にご報告したいと思っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

| ボランティア | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

震災復興支援のイベントは明日までです

昨日からの雨で寒い一日でした。

 

熊本地震から1年半となる10月14日から明日まで

 

私の教室で震災復興支援のイベントを開催しています。

 

 

今回はプリザーブドフラワーのアレンジとロザフィのキャンディ瓶の

 

2作品の内お好きな物を体験できます。

 

 

 

 

 

体験の対象者は被災者の方々で、すべて無料で行っています。

 

また、講師作成したプリザーブドフラワーやアクセサリーを

 

特別価格で販売しています。

 

残り少なくなりましたが、ご自分のためやお友達やお知り合いの

 

プレゼントにご利用ください。

 

 

明日の17時まで開催しています。

 

場所 益城町福原1917

   フラワー文花 益城教室

 

お問い合わせ 090‐1088‐7654

 

 

 

 

 

| ボランティア | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

熊本震災復興支援イベントのご案内

今日は台風18号の影響で一日雨のお天気でした。

 

幸い風も大したことがなく、先ほど避難所も閉鎖されたそうで

 

一安心しました。

 

これからは北の方に向かっていくようなので他のところでも

 

被害がないといいなと思っています。

 

 

昨年よりグループ”R”のメンバーで始めたプリザーブドフラワーの

 

フラワー教室は益城町の仮設団地で開催し、被災者の方との交流も

 

続いています。

 

また、ロザフィ本部の方からのご支援で、ハピロザのメンバーでの

 

ロザフィ教室も今年の7月より開催しています。

 

たくさんの方からの資金のご支援、またグループのメンバーの

 

協力でたくさんの笑顔と会えるボランティア活動が出来て

 

私自身、大変うれしく思っております。

 

今後も活動を続けていきたいのですが、資金不足やメンバーの

 

負担が大きくなっていることもあり熊本地震から1年半となる

 

10月14日〜16日に震災復興支援のイベントを開催して

 

一つの区切りとしたいと思っています。

 

これからは、私が無理のない範囲で支援活動を行う予定です。

 

今回のイベントはプリザーブドフラワーとロザフィの

 

無料レッスンと商品の販売を行います。

 

 

プリザーブドフラワーはガーベラのアレンジでギフトにも利用できる

 

ケース入りです。

 

 

 

ロザフィはキャンディ瓶です。全国の講師よりカラフルなバラがたくさん

 

届いています。好みのバラを選んで楽しく作ってください。

 

キャンディ入りです。

 

 

今回のイベントは被災者支援ということで熊本県在住の方対象といたします。

 

例外としてクラウドファンディングで支援をして頂いた方に関しましては

 

県外の方でも参加できます。

 

材料は十分に用意いたしますが、先着順になりますのでなくなり次第終了

 

致します。

 

お菓子、飲み物もご用意しております。

 

 

日時  2017年10月14日(土)〜16日(月)

     10時〜17時

 

場所  フラワー文花 益城教室

    益城町福原1917  

      (Pあり)

 

内容  プリザーブドフラワーとロザフィの作品作り (無料)

    

 

    プリザーブドフラワーのアレンジ

    ロザフィのアクセサリー・小物

   (販売金額の一部をボランティア活動資金といたします)

 

連絡先 090-1088-7654

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

| ボランティア | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

プロジェクトを立ち上げました!

2月もあと十日となり少し春を感じる季節になりました。

 

以前にもブログでご紹介しましたが、プリザーブドフラワーの仲間

 

グループ”R”で仮設団地でフラワー教室のボランティア活動を

 

行っています。

 

毎回定員以上のご希望があり皆さんからも大変好評ですが、

 

私達が出来る範囲は限られていて長い支援を続けるには

 

活動資金が不足しています。

 

そのため今回、お花の資材購入のクラウドファンディングの

 

プロジェクトをスタートしました。

 

 

クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の

 

仕組みです。インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を

 

呼びかけ、目標額に100%まで到達した場合のみ、そのプロジェクトの

 

実行が決定するというものです。

 

公開期間終了までに目標金額が集まらないとグループ”R”には

 

1円もお金が入らない仕組みになっています。

 

目標金額は15万円で3月15日までの募集となっております。

 

 

https://readyfor.jp/projects/fumie132311431

 

「熊本県益城町を笑顔にしたい!お花で心と心の交流を!」

 

 

クラウドファンディングではご支援頂いた皆様には金額に応じて

 

お礼のリターンをご用意しています。

 

また、目標金額が集まらなかった場合は支援金はすべて支援者に

 

返金になります。

 

 

今回のリターン商品のプリザーブドフラワーです。

 

 

 

くまモンパッケージの黒糖ドーナツ棒もご用意しています。

 

 

詳しい内容につきましては、レディフォーのサイトをご覧ください。

 

https://readyfor.jp/projects/fumie132311431

 

 

もしよろしければ、お知り合いの方達にSNS等で拡散して

 

頂ければと思っております。

 

皆様のご支援、ご協力をお願い致します。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

| ボランティア | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

お雛様アレンジを行いました。

お天気に恵まれた2月3日の節分の日にグループ”R”での

 

お雛様アレンジのフラワー教室を木山仮設団地の集会所で

 

開催しました。

 

 

ACTくまもとさん主催のおしゃべりカフェのイベントとして

 

木山仮設団地では2回目の開催でした。

 

当日は10時からの申込受付でしたが、30分以上前からお客様が

 

来所されすぐに定員になりました。

 

 

「数量限定は早く来ないと出来なくなるから」と話を

 

されているのを聞いていると「もう少し資材を準備出来れば・・」

 

と思うのですが、グループ”R”のメンバーの力だけでは限界があり、

 

申し訳なく思っています。

 

この日の参加者は午前8名、午後9名の合計17名でした。

 

始まる前は皆さん楽しくおしゃべりされていましたが

 

作り始めるとお花一つ一つにワイヤーをかけたり

 

フローラテープを巻いたりと真剣な表情で作業に

 

取り組まれていました。

 

 

約1時間で作り終えましたが、「手を動かしていると

 

その時間はいやなこと忘れる」「とても楽しかった」

 

「お部屋に飾ります」などいろいろなお話をされました。

 

グループ”R”のメンバーも皆さんと一緒に楽しい時間を

 

共有できました。

 

次回は母の日のカーネーションアレンジを予定しています。

 

詳細についてはまたブログでご案内いたします。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

| ボランティア | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

グループ”R”のメンバーでいまできることを・・

12月になり師走の慌ただしさと寒さが身に沁みる季節に

 

なりました。

 

私が住むテクノ仮設団地にはみんなが集える東屋や

 

大きなみんなの家が新しく出来てイベントなどもたくさん

 

開催されています。また、モデルハウスも出来て

 

毎日大勢のお客様がご来場されているようです。

 

一部では復興が進んでいる部分もありますが、被災者の中には

 

これからの生活への不安を抱えたり、周りの方との交流のない

 

引きこもり気味の方もいらっしゃるようです。

 

住宅や物資等の支援はほぼ行き渡りましたが、これからは住民の方が

 

前向きに生活できるように楽しい時間を作ったり住民の方の

 

コミュニティ作りが大切な時期だと思い私たちに何かできないかと

 

考え、グループ”R”のメンバーとお花でのボランティア活動を

 

行うことにしました。

 

今回はおしゃべりカフェを毎週開催されている

 

「ACTくまもと」様のイベントの一環として

 

クリスマスリース作りをテクノ仮設団地B集会所で

 

12月4日(日)に行いました。

 

当日は雨の降るあいにくの天気でしたが午前10組、午後10組の

 

予約はすべて埋まり大変うれしく思っております。

 

 

小学生の小さなお子様や男の子も楽しそうにリース作りに取り組まれ

 

ました。

 

 

皆さん大変手際よく、サンタクロースのピックやベル、いろいろなオーナメントなど

 

選べる材料の中から好きなものを真剣に選んで自分好みのオリジナル作品を作られ

 

ました。

 

朝からいらっしゃったお母さまは84歳で目も耳を体もでとてお元気で

 

病院も何年もかかったことがないと笑顔で話されていました。

 

午後の部に参加された女性は12月23日に家の引き渡しなので

 

新築の家に飾りますと嬉しそうに話されました。

 

小さなお子さま二人と一緒にご来場の方は今月20日が出産予定日と

 

お話されました。妊婦さんにとってこの地震はとても大変だったと

 

思いますが、元気な赤ちゃんを出産されますように祈ってます。

 

 

私自身テクノ仮設団地に住んでいますが、仕事で殆ど家にいることが

 

ないので近所の方との交流もあまりありません。今回の活動はいろいろな

 

方との交流が出来て大変楽しい時間になりました。

 

開催終了後にグループ”R”のメンバーと話合を行いましたが、今後も

 

出来る範囲でボランティア活動を続けていこうと思っています。

 

グループ”R”のメンバーも被災して自宅が全壊されみなし仮設で

 

生活されている方や遠く福岡から通ってくれる方など皆さん

 

それぞれ大変な中、協力して頂き感謝しています。

 

 

テクノ仮設団地では毎日たくさんのボランティアの方が活動されて

 

います。

 

自宅に帰ってみるとキリスト教会の方からクリスマスケーキが

 

届いていました。

 

ここ数年はクリスマスケーキを家族で楽しむことはなかったのですが、

 

大変美味しくいただきました。ありがとうございました。

 

 

4月の熊本地震以来いろいろなことを経験しましたが、

 

お互いが相手の気持ちに寄り添い出来ることを出来る範囲で

 

幸せのおすそ分けをすることが熊本地震からの復興に大切なことだと

 

思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

| ボランティア | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
楽天
yahoo
株式会社協和
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM